居宅介護

一般社団法人ひたちなか市医師会居宅介護支援事業所

居宅看護

1.居宅介護支援事業所とは何をする事業所なのか?

介護を必要とする方が、自宅で適切にサービスを受けることができるように、サポートをするケアマネージャーが 所属する事業所です。ケアマネージャーが心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等に添ってケアプランを作成したり、 サービスを提供する事業所等との連絡・調整などを行います。

2.どのような状況の時に居宅介護支援事業所に相談することになるのか?

「要介護1~5」の認定を受けた時、また介護の悩みや要介護認定を受けたいが、どうしたらよいかわからない時 など、お気軽にご相談ください。

3.在宅とはどういうことなのか?

介護保険サービスには、施設入所の方の「施設サービス」と、自宅で生活する方の「居宅サービス(在宅サービス)」が あります。

「在宅」は「自宅(居宅)」を言いますが、制度上「サービス付高齢者向け住宅」や「住宅型有料老人ホーム」等も含まれます。

4.医師会居宅介護支援事業所としてやっている仕事の内容

介護認定から介護保険サービス利用における相談援助を行います。

  1. ケアプランの作成
  2. サービスの連絡・調整
  3. 要介護認定の申請手続き

5.他事業所との違い

医師や併設の訪問看護ステーションとの定例会議が実施され、医療連携や医療相談が充実しています。

お問い合わせ先

名称
一般社団法人ひたちなか市医師会居宅介護支援事業所
所在地
〒312-0057 茨城県ひたちなか市石川町20番32号
電話
029-273-0329
FAX
029-273-0313